理想の人生を手に入れるために必要な
お金の領域を入口とした7つのステップ

僕のコンサルティングは、相談者の相談内容によって完全オーダーメイドでメニューを作っていきますが、
相談が一番多いのはお金の領域です。

多くの人は、理想の人生を手に入れるためにはお金が必要だと思っています。 お金があれば幸せだとも。
だからこそ働いているのであり、お金があれば働かない、と思っている人は多いのではないかと思います。

ところが、実際に働いてお金を少しずつでも貯めていって、理想の人生は手に入っているでしょうか。
幸せになりたいという漠然とした思いはあれど、目の前の生活やお金を稼ぐことに追われて、
実現できていないというのが現実ではないでしょうか。

更にいえば、「何のために」ということや、
その目的である自分の人生について見直す機会すらもてていないのではないでしょうか。

お金さえあれば、望む人生が手に入ると思わされ、だからこそ一生懸命働いてお金を稼ごうとしているのでしょうが、
そのスパイラルにある限り望む理想の人生は手に入りません。

なぜならお金が全てではないからです。

お金が沢山あることは選択肢を広げることに繋がりますが、それだけです。
理想の人生に近いところには行けるかもしれませんが、本当に望む理想の人生は手に入れられないでしょう。

ところが、成しえたいと思うものすべてにお金が絡みますので、
お金があれば願いが叶えられ全てが解決できると思ってしまうのです。

お金があっても叶えられないものもありますが、
お金が十分にあるという状態にならないとそのことは分かりませんので、
まずはお金が十分にあるという状態になることは大事です。

ただし、お金についての概略を分かったうえで目指す場合とそうではない場合とでは得られる結果が大きく異なるため、
お金についてステップを設けて学んでいただきます。

お金について学ぶ重要性

あなたはお金について学んできたでしょうか。

多くの人にとってのお金についての学びは、
子供の頃、親をはじめとする周りの人から
「無駄遣いしてはいけません」、「貯金しておきましょう」、「お小遣い帳をつけましょう」と言われたことくらいかと思います。

学校でもお金についてのカリキュラムはなく学ぶ機会はこれまではありませんでした
(2022年度から実施される高校の新学習指導要領で、
家庭科の学習内容に資産形成が加わり、やっとお金に関する教育がスタートします)。

親に育てられ、親に守られている間はお金のことを心配しなくてもよいのですが、
社会人になった途端、自分で稼いで、自分で管理して、
とお金の面倒のすべてを自分でみなくてはいけなくなります。

ところが、
お金の稼ぎ方や管理の仕方などを学校をはじめとして教えてくれるところはないため、
親や周りを参考にしながら見よう見まねで行います。

本来はお金のことについてきちんと教えてもらわないとできないことですが、
見よう見まねで行っているためうまくいかないことが往々にして起こりえます。

僕の周りにはお金について教えてくれる人はいませんでしたので、
自分で学び、教えてくれる人を探し、
お金持ちの人に会いに行くこともしながら学んできました。

お陰で全体像や大事なことが見えてきました。

今私たちがいる世界は資本主義経済であり、
そこはお金を中心にまわっています。

つまりお金は人生に必ず関わってきてしまうものなのです。
お金とは切っても切れないものですので、お金について学ぶ必要があります。

お金に捕らわれてコントロールされるのではなく、
お金と上手く付き合ってコントロールしていくためにお金のことを学ぶのです。

7つのステップ

ここでご紹介するのは、あくまで1つの例です。
上述の通り、完全オーダーメイドですので、順番が変わったり、
話す幅や深さが異なったりすることはありますが、
基本的な考え方やベースはすべて同じです。

・第1ステップ:現状把握
・第2ステップ:ゴール設定
・第3ステップ:リスク管理
・第4ステップ:お金を貯める・増やす
・第5ステップ:お金を使う
・第6ステップ:お金を作る・生み出す
・第7ステップ:見えない領域・マインドセット

なお、この7つのステップの詳細については、
僕の著書「超理想人生。」に記載していますので、
お読みいただければと思います。